本能の暴走を許す魔力

東京の街はどこか本能の暴走を許す魔力があって、自分を律することが難しい魅惑の世界だと感じます。東京に戻るといつも食生活が乱れ、一昨日できた吹き出物はいまも消えません。自宅にあった菓子の類も大半が自分の胃袋に消えました。それでも後悔がないのは宿の玄関を出て30秒で始まるトレイルでいくらでもエネルギー消化ができる環境にいるからです。

今朝も2時間ほどトレイルを歩きました。宿を出発する5時頃には気持ちのよい快晴だったのですが、10分もすると雨が降り始め、そして陸上トラックまで山道を下ってくると虹がでました。このあたりでも桜の季節は終わりに近づき、雨が新緑を洗い山は鮮やかに染まります。大自然の懐にいると日本の四季の素晴らしさを毎日感じることができます。

Translate »