教育と運動が人生を成功させる

水曜日、木曜日の午前、午後は日本工学院で授業を持つ生活が始まりました。ぼくは元来人前で話すことが苦手で、異様に緊張する性格でしたが、いつからか人前で話すことが苦にならなくなりました。米国系コンサルティング会社で受けたプレゼンテーションの研修はひとつの転機だと思います。プレゼンテーションの基本は聴衆の聞きたいことを話すことです。学生が聞きたいことと、ぼくが話したいことがシンクロしたときに良い授業になると思います。授業をするメリットは、自身が勉強する機会が増えたこと、授業の日は一日一食生活が無理なくできること、体と頭を適度に使うのでよく寝られることなどです。写真は学生がウェイトトレーニングをケースに、「スポーツと偏見」という研究テーマを説明したものです。偏見をなくすことでスポーツ市場は拡大するという課題設定は筋が良いと思います。プラトンが言うように、教育と運動で頭と体を鍛えることが人生を成功させる手段だと思います。

Translate »