誰とやるかが全て

昨日はかつての職場の同僚の結婚式と披露宴に呼んでいただき、なぜか90名以上の参列者のなかで唯一ドローンまで当たってしまい、よき一日となりました。犬好きの彼女らしく、愛犬が結婚指輪を運ぶなど随所に工夫のある結婚式と披露宴は驚きの連続で、プライスレスに素晴らしいものでした。彼女とぼくが共に職場で過ごした期間はわずか5ヶ月ほどですが、重要なのは時間の長さではなく密度だと思います。ひとつの目標を共有するチームに次々と難題が襲いかかり、涙と笑いに明け暮れた、辛くも今となっては美しい思い出です。何をやるかではなく、誰とやるかが全てだと思います。幸福な家庭を築いてほしいです。

Translate »