人生は好きなように生きて良いもの

受動的な人生は自分を偽り傷つける生き方だと思います。「人生は自分の好きなように生きて良いもの」と分かった瞬間から世界の景色が違って見えます。この一年半で自分のやりたいことが形になり始め、人生の最後まで取り組みたいテーマがはっきりしました。

皮肉なことに終身雇用という素晴らしい制度は生活のための義務になりがちです。働き方改革が叫ばれる昨今、ティール組織が注目されるのは当然の成り行きでしょう。片方で働き方改革を唱えながら、一方で管理強化の手綱を放そうとしない組織はやがて二律背反の矛盾に苦しむことになると思います。

Translate »