自分の足で行く最高の旅

70人用とされる直径90cmの大鍋を使い連日薪によるパエリアを作り、朝晩に大量の米とオリーブオイルを摂取しているにもかかわらず、体重が増えません。極論ですがぼくは適度な運動をしている限り何を食べてもよいと思っています。

例年この季節になると1週間程の休暇を取り旅に出ることが常でした。しかし新甲子温泉で暮らすようになり、切実に旅に出たいと思うことがなくなりました。もちろん興味の対象として、世界には見てみたいものや行ってみたいところはあります。しかし、楽しみとしての旅は自分の足で行くトレッキングが最高だと思います。今のぼくが魅かれる旅は宿から続くトレイルの先にある沼原湿原のブナ原生林であったり、標高1,900m級の会津の山々の稜線をめぐる2、30kmの小旅行です。

50歳になるまで全く運動をしなかったぼくをここまで変えたのはこれらの美しいトレイルです。運動をすると血液中のトリプトファンのレベルが上昇し脳内のセロトニン濃度が上がることが分かっています。人間は本来動くように生まれついた動物であり、これらのトレイルを使い、運動の楽しさを多くの人に知ってもらえる宿にしたいと思います。

Translate »